宅建に一発合格するための勉強のコツ > メニュー > 効率的な勉強の進め方とは

効率的な勉強の進め方とは

宅建の勉強を始める場合は、まず最初にテキストを最初から最後まで一通り目を通します。
ここではすべてを理解する必要はありません。
分からない事があっても、全体を把握するために、どんどん先に進みます。

 

読み終えたら次は問題集を解いてみましょう。これもじっくりやる必要はありません。
解説を読みながら流しで解いていきます。
全体に一通り目を通すことで宅建の全体イメージを掴んで、その上でペース配分を考え、
学習計画を立てていきましょう。

 

そして、宅建の試験日までの大まかな学習計画を立てたら、
宅建の基礎となる部分を徹底的に勉強します。
宅建では、細かな部分の1つ1つは試験に出る確率も低く、
細かな部分を突き詰めていくといくら時間があってもキリがないので、
まずは基本をしっかり学ぶことが効率的な勉強のコツです。

 

きちんと理解していれば、
何度か復習しているうちに自然とある程度のことは覚えられるので、
丸暗記するのではなく、意味をきちんと理解しておいた方が、
最終的には記憶も定着してくるので、応用力も付くようになるはずです。
そして、宅建の基本的な部分を一通り勉強したら、
あとはひたすら過去問や予想問題を解きながら、間違えた箇所を重点的にテキストで復習し、
宅建の知識をどんどん高めていってください。

メニュー

最新記事