宅建に一発合格するための勉強のコツ > メニュー > 宅建勉強のコツと心構え その1

宅建勉強のコツと心構え その1

スクールなどで宅建の勉強を教えている講師の人であっても、
毎回必ず満点が取れる試験ではないので、宅建の試験範囲のすべてを
完璧にマスターするのは、難しいと思います。
すべてを完璧にしようと細かいところにこだわりすぎてしまうと、結果的に
重要な部分の勉強がおろそかになってしまう可能性もあるので気をつけなければなりません。

 

すべてを完璧にして全問正解を目指すのではなく、基本的な部分に重点を置いて、
確実に回答できる問題を増やしていく事に時間を費やして欲しいと思います。
勉強時間は限られているので、宅建の試験勉強は試験に合格するためのモノと割り切って、
試験にほとんど出ないような部分は、試験直前くらいに軽く目を通す程度で、
効率的に勉強していきましょう。

 

重要な部分の見分け方としては、参考書や過去問を解いていくうちに重複している問題が
何回も登場してくるので、自ずと分かるようになってきます。

 

宅建の知識を無理に覚えることよりも、仕組みや理屈を理解することに重点を置いて
宅建の勉強するようにすると、記憶が定着しやすくなり、
何度か繰り返し勉強していく間に、自然と覚えることができると思います。

 

復習を繰り返してもなかなか記憶が定着しない部分については、
宅建の試験が近づいてきた段階で、暗記したりするなど、
覚えることを重視した勉強方法に切り替えて下さい。
勉強へのモチベーションを上手くコントロールしながら、
上手に進めていって欲しいと思います。

メニュー

最新記事