宅建に一発合格するための勉強のコツ > メニュー > 宅建勉強のコツと心構え その2

宅建勉強のコツと心構え その2

宅建は大きく分けて、権利関係法令、法令上の制限、
宅建業法、税その他の4つの分野から出題されているので、
出題数が多い宅建業法と権利関係を中心に勉強を進めていくことをオススメします。

 

中でも、権利関係は他の3つの分野の基礎となる部分で、
最も理解を中心とする分野なので先に学習しておくと、
あとの分野で関連してくる内容も多いので、理解しやすいのではないかと思います。

 

しかし、人によって得意分野、不得意分野があると思うので、興味がある分野、
自分ができそうな分野から始めることが大切です。
ある程度全体の学習が進んできたら、本番の試験の雰囲気や回答スピード配分を確認する為にも、
1度模擬試験を受けるといいと思います。

 

公開模試試験と呼ばれているものの多くは、9月中旬から10月上旬にかけて行われていて、
全国各地にあるさまざまな資格取得スクールで受けることが出来ます。
試験の解説授業も付いているので、誤ったところもしっかりと復習することが出来るから、
自分の弱い部分や曖昧だった部分も明確に見えてくると思います。

 

宅建の勉強を効率的に行うためには、勉強時間の長さだけではなく、勉強の質がポイント!
独学にしろ、通信講座にしろ、スクールにしろ、宅建の勉強法は
一度決めたらその勉強法だけに集中して最後までやり切ることが重要です。
何となくダラダラと勉強するのではなく、自分が集中して勉強出来る時間の範囲内で、
質の高い勉強を確保して欲しいと思います。

メニュー

最新記事