宅建に一発合格するための勉強のコツ > メニュー > 試験直前10日間の過ごし方

試験直前10日間の過ごし方

ここでは、宅建試験直前の勉強方法として、
どんな事をチェックしておけば良いのか、まとめてみました。

 

その1. 細かな数値を見直す
以上なのか以下なのか、超えるのか超えないのかなど、
法律で定められている数値をまとめて、比較しておきまよう。

 

その2.  テキストや参考書の重要でない部分をチェック
飛ばしていた重要でない項目や、5問免除科目対策(統計・土地・景品表示法・
住宅金融支援機構・土地建物)など、暗記を必要とする部分も確認しておきましょう。

 

その3. 重要問題を徹底的に復習する
多くの問題集に付いているAランク・Bランクといった重要問題をピックアップして、
問題を解いていきます。

 

その4. 10年分の過去問題を解く
試験時間と同じ時間内で解いて行きます。
ここで重要なのが、解説をよく読むということです。
間違えた問題はもちろん、正解した問題もよく読み込みましょう。
これを行うことで、知識の最終チェックができるので、時間はかかりますが
全ての問題の解説を読む事をオススメします。

 

とにかく問題をこなす勉強方法は、心身ともに疲労感がありますが、
新しい問題に対して応用力がつきますし、知らず知らずのうちに、
文章を読む力「読解力」も磨かれていくので、1発合格するためには必要なプロセスだと思います。

 

そして、前日は一夜漬けなどをせずに、早めに寝るように心がけてください。
最後の勉強は前日の一夜漬けより、宅建の試験当日の移動時間や
会場についてからの時間を利用してやるようにします。
どうしても不安な方は、朝早めに起床し勉強を行うようにしましょう。

メニュー

最新記事