チャンスは年に1度だけ!宅建試験のスケジュール

宅建試験とは、正確には「宅地建物取引主任者試験」の略で、 取引主任者として宅地や建物の取引の仲介・代理・売買を行うための資格です。 宅建試験は、毎年10月の第3日曜日の13時から15時の2時間で行

» この記事の続きを読む

宅建の出題傾向をチェック!

出題形式は4肢択一式で、記述式や論文式ではないので、 一見簡単そうに思われがちですが、2時間で50問を解答しなくてはいけないので、 単純に計算すると1問を2分24秒で問題を解いていく必要があります

» この記事の続きを読む

宅建は独学で取得できるの?

これは人それぞれなのですが、書店に行けば「独学で合格!」や「3ヶ月で1発合格!」 などといった魅力的なタイトルのテキストが多く並んでいます。 勉強方法はその人の生活サイクルによって大きく変わっ

» この記事の続きを読む

自分に合った学習方法を見つけよう!

宅建取得の学習スタイルは、独学の他にも通信講座や 資格取得のための専門のスクールに通う方法があります。 通信講座のメリットとしては、独学に近いスタイルで自分の好きな時間に勉強を行うことができ、

» この記事の続きを読む

効率的な勉強の進め方とは

宅建の勉強を始める場合は、まず最初にテキストを最初から最後まで一通り目を通します。 ここではすべてを理解する必要はありません。 分からない事があっても、全体を把握するために、どんどん先に進みます

» この記事の続きを読む

宅建勉強のコツと心構え その1

スクールなどで宅建の勉強を教えている講師の人であっても、 毎回必ず満点が取れる試験ではないので、宅建の試験範囲のすべてを 完璧にマスターするのは、難しいと思います。 すべてを完璧にしようと細かい

» この記事の続きを読む

宅建勉強のコツと心構え その2

宅建は大きく分けて、権利関係法令、法令上の制限、 宅建業法、税その他の4つの分野から出題されているので、 出題数が多い宅建業法と権利関係を中心に勉強を進めていくことをオススメします。 中でも

» この記事の続きを読む

おすすめ学習プランを紹介

実際にどんな学習のスケジュールを立てればいいのか、 これまで紹介してきた勉強の進め方やコツをまとめ、 半年間の学習プランを作ってみましたので、参考にしてみてください。 1.スケジュールを立て

» この記事の続きを読む

試験直前10日間の過ごし方

ここでは、宅建試験直前の勉強方法として、 どんな事をチェックしておけば良いのか、まとめてみました。 その1. 細かな数値を見直す 以上なのか以下なのか、超えるのか超えないのかなど、 法律で

» この記事の続きを読む

いよいよ試験本番!当日の心得

宅建の試験当日は、試験直前の到着だと他の受験生で電車が混むので、 家を早めに出発して、宅建の試験会場の最寄り駅に、 試験の2時間くらい前には到着するのが理想的です。 会場の最寄り駅に着いてか

» この記事の続きを読む

メニュー

最新記事